このページの先頭です

法人向けクレジットカードは忙しい社員の味方にもなる!

51views

投稿日:

法人向けクレジットカードがあれば自腹の心配もなし!

クレジットカードというのは、現代社会では必須と言っても過言ではない便利なアイテムです。

もともと買い物はすべて現金で、という現金派の人であっても、クレジットカードを使うことによってポイントが貯まったり、大きな買い物をする時財布の中身を気にしなくても良いという手軽さから、クレジットカード派に変わるということも多いものです。

その反面、使いやすく便利であるため必要以上に使いすぎてしまう、というデメリットがあるのも事実です。
特に取引先との接待、出張などでプライベートのクレジットカードを使うと、後日会社の経理に清算してもらうことになっていても、決済日までに清算されないと自分で立て替えなければいけなくなります。
最悪、資金ショート!なんていう事態も起こりかねません・・・。

また、会社で清算してもらうには領収書が必要ですが、仕事で慌ただしく動き回っていると、ついうっかりと領収書を紛失してしまって清算できなくなる、なんて悲劇が起こりがちです。
仕事関係で頻繁にお金を使う人ほど、領収書を受け取り、経理に提出する必要のない法人向けクレジットカードを活用すべきではないでしょうか。

法人向けクレジットカードであれば、仕事関係で使った費用がすべてカードの明細に記載されるので、自分で管理する必要がなくなります。
そのため、プライベートでカードを使うことの牽制効果も働きます。
また、経理も個別に清算処理をすることがなくなって、業務の短縮と効率化を実現させることができます。
法人向けクレジットカードはその会社に属する社員が使うことができるので、何枚も分けて同じカードを使えるというメリットもあります。

ただし、あまりにも大人数の社員に渡してしまうと不正利用にも気が付きにくくなってしまいますが、使える社員が数人であったり、限定されているようであれば安心です。
会社の経費がどのように使われたのかということを明確にするためにも、社長始め役員や会社の事業主は、法人向けクレジットカードの導入を考えてみても良いでしょう。

個人向けカードとの違いもあるので要注意

法人向けクレジットカードは個人で持ち歩いているクレジットカードと同じ使い方ができるので、使用する時に扱い方に困ったりするようなことはほとんどありませんが、個人向けクレジットカードとの違いは多々あります。
個人向けのクレジットカードと比較してみることでわかりますが、どこのカードを選ぶにしても、法人カードの場合は年会費無料のカードがほとんどありません。

個人向けクレジットカードであれば、「年会費無料」であることを売りにしているカードも比較的多く見つかります。
一方、法人向けの場合は年会費無料で作ろうとしても、なかなか見つからないものです。
更に、法人向けは年会費も高いことがありますから、法人カードを作ろうと思っている事業主、社長は高い年会費を払ってでも、コストに見合ったメリットを感じられるかどうか冷静に考えてみると良いででしょう。

反面、法人カードならではのサービスや特典もあります!
付帯サービスが豪華であったり、持つことでそこの会社の社員だという優越感も味わうことができます。
法人向けクレジットカードには利用する人の名前の他に会社名も入りますから、カードを出す時はちょっと自慢げにもできるものです。しかしながら、法人カードもどんな会社でもすぐに発行してもらえるというものでもありません。

個人向けのカードと同じように審査がありますし、複数の社員が使用するのであれば限度額も高額な設定になることから審査も厳しくなることがあります。
特に、創業間もない会社や実績のない会社は、カード利用残高(=カード会社による信用供与)と引き換えになるような資産、担保がないと審査が通らないケースもあるので注意が必要です。
3期以上連続での黒字の決算報告書など、経営が安定しているかどうか証明できるようなものもあると良いでしょう。