このページの先頭です

経理スタッフとしてオススメ!法人のクレジットカードを持つメリット

86views

投稿日:

法人のクレジットカードを持つメリット

経理業務全般の著しい効率化

経理スタッフの立場から見て、法人向けのクレジットカードを持つ最も大きなメリットと言えば、経理業務の効率化ではないでしょうか。
法人にとって経理業務は、経営の土台を支える重要な業務で、そこに携わる人材に対する信頼や能力など様々な条件が求められています。しかし、経理業務自体は直接的に付加価値を生みださないため、経理業務を効率化・スリム化することが必要となります。
経理担当者の人件費コストを抑えつつ、経費管理に関するリスクや社員たちの立替負担を改善することが経営者にとっての課題となっています。

例えば、最も解りやすいのが各従業員に認められた経費の利用について。
これまで、現金を用いた決済に限定されていた際には、経費に対してその都度小口現金の支払いを経理側が行う必要がありましたが、これらは全て法人用のクレジットカードを活用することで一元化できるため、小口現金のその都度の受渡に関する手間を一気に解消できます。

また、法人カードにも一般のクレジットカードと同様にポイントバック制度が設けられているので、経費として利用した費用にもポイントを利用した還元が利用でき、最終的な収支の面で大きくメリットが得られるわけです。

経理処理がより正確に行える

経理スタッフにとって最も重要な業務の1つに、経理処理があります。
最近でこそパソコンの専用ソフトを使うことで、特別な資格を持たないスタッフでも簡単に行えるようになりましたが、業務に関する全ての収支を実際の書類を参考に適宜入力していく作業は、非常に煩雑で手間が掛かる単純作業といっても過言ではありません。

法人カードを持つことによって、この経理処理に関する作業も一気に簡潔に行えるという利点があります。
例えば、これまで現金を使った決済に限定している場合、それぞれの経費の内容毎に領収書などを確認しつつ項目を手作業で分けた後、入力作業を行う必要がありました。

ところが、明細を通じて一括して支払いが確認できる法人カードであれば、それぞれの項目を分けて一括入力が可能となるため、この部分に掛かるこれまでの人手と手間を一気に省くことができます。

手間が掛からなくなることは、必然的にミスの確率も全体的に下げることができるので、経理上で頻繁に行われなく確認作業に時間を割く必要が一気に減る点もメリットといえるでしょう。

ETCカードを活用した経理の簡略化

特に、営業用の自動車を会社内で複数所有している企業や高速道路を頻繁に会社の経費落としで利用する機会が多い方にとっても、法人カードは非常に多くのメリットをもたらしてくれることでしょう。

経理処理の観点から見ると、これら有料道路を利用した費用については、これまでのように現金決済を行っていた場合には利用した回数分だけ領収書が増える上、これらの領収書を実際の利用実績などと比較しながらチェックした上で経費として計上する必要がありました。

ところが、法人カードの契約時に発行してもらえるETCカードを用いることができれば、カードを所有している全ての人が月間で利用した有料道路の費用が一括して明細で確認できるので、バランスシートに記載する勘定科目でも「旅費交通費」など1つの項目で済ませることができるという訳です。

これは、経理を担当するスタッフにとっては計り知れないほど業務が楽になることを意味するので、経理スタッフからみて是非法人カードを採用してもらいたいと思えるポイントです。

法人カードの恩恵は経理の健全化やコストカットに効果アリ

会社の会計処理を担当する経理スタッフにとって、会社の業務に関する全ての経費のチェックや確認は、会社の運営を支える地味ながらも重要な作業であり、間違いが無いよう11つ慎重に作業を担当しています。
ただし、これまでのように現金決済に限ってみれば、膨大な情報を少ない人手で処理する必要があるため、どうしてもヒューマンエラーは付き物です。

ところが、これを現金決済から法人カードを使ったカード決済に切り替えるだけで、業務に関する手間が一気に簡略化できる上、ミスが発生する確率も下げることができ、業務の健全化が図れます。
また、私用目的への不正利用なども、経費の利用明細から確認することが出来るので、経費使用の健全化という意味でも有用な方法といえますね。

まだ採用していない経理部長さんには、是非オススメします!