このページの先頭です

JCB法人カード

日本唯一の国際ブランド『JCB法人カード』

  • 年会費
    32,400円
  • 対応ブランド
    JCB
  • ポイント還元率
    0.500%
  • おすすめ度
    五つ星のうち星五つ

JCBカードは国内の金融業界最大手のカードブランドで国内での取扱店契約数は800万件超え、海外も含めた総取扱店契約数は2,800万件以上です。

国内での圧倒的なシェアを誇るJCBが提供する法人カードは、法人格だけでなく個人事業主でも加入の申し込みをすることが出来、一般・ゴールドなどの法人カードを提供しています。

JCBの法人カードは申込時にキャッシュバック型とポイント型のカードを選択する事が出来るので、年会費以上のメリットを受ける事が出来る法人カードです。

JCB法人カードの詳細はこちら

JCB法人カードの特徴とは?

では、性能とカードの種類による違いを確認していきます。

カードの性能ですが、個人向けクレジットカードと同様に“国内・海外旅行保険”、“ショッピング保険”、“カード利用可能枠”などが設けられています。

このJCB法人カードの優れている点ですが、ポイントプログラムで【キャッシュバック型】と【ポイントサービス型】を選択できる点です。

キャッシュバック型を選択すれば、毎月・年間の上限キャッシュバック金額は設けられますがポイントが失効してしまう危険がなくなります。ポイント型を選択すれば、上限を気にする事なくポイントを貯める事が出来ます。

この様に基本的なカード機能が優れているJCB法人カードですが、一般・ゴールドなどの違いで、どの様なメリットがあるのでしょうか。

一般とゴールドを比較した場合、大きく異なるのは“カード利用可能枠の金額”です。ゴールドにした場合、年会費は10,000円(税別)になりますが、カード利用可能枠が50万円〜250万円と大きくする事が出来ます。

経費決済に法人カードを想定されている場合、利用可能額を大きくする事で「利用可能額がなくなってしまった」という不測の事態を避ける事が出来ます。あなたに合った、最適な法人カードの利用方法を検討してみて下さい。

JCB法人カードの詳細はこちら